読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜息の沼

愚考

トゥモローランド ネタバレ

せっかく見たんでネタバレ書きますね。
公開初日に見てきたんですが、内容がここに書くほどなかったので迷いましたが。。。まぁせっかくだし!しぶしぶ!

さて、感想ですがCMに騙された感がやはり強い。ディズニーはやはりディズニーなのか?肌に合いませんでした。そりゃあジョージ・クルーニーはかっこいいしヒロインのリットちゃんも【適度に】かわいい。
残念ながらウォルトディズニーは出てきませんけどね、、、じゃあ「ウォルトディズニーが残した秘密」なんて煽り文句は使わんでくれ。。。

しかしディズニーである理由が果たしてあったのでしょうか?
いや、無い!
しいて言うならスターウォーズのグッズが1シーンで使われまくってた。まるで「スターウォーズは俺らのもんだ」とでもいうように。
内容はよくある世界崩壊もの。意外だった。まさかそうくるとは、、、解決方法はもちろん「みんな頑張ろうぜ!」な根性論。そこには使い古されたメッセージが残るのみ。なんなのこれ。。。


さっさとネタバレ。


小さいころに万博でトゥモローランドの存在を知ったフランクは、そのままトゥモローランドに住むことに。しかしフランクは「未来を映し出す装置」を開発することでトゥモローランドを追放されます。
理由は後述。
ちなみにトゥモローランドというのは、あらゆる優秀な科学者などが集まり、異次元に作り上げた世界のこと。

さて、ケイシーという17歳の女の子は未来におおきな希望をもつ女の子。だからトゥモローランドへの案内人(?)のアテナに認められるわけです。
アテナは滅んでいく世界をなんとかするためいろいろ暗躍していたトゥモローランド産の古いロボなんですねー。
しかしトゥモローランドの数少ない人間はわざわざ滅んでいく人類を救おうとは思ってないわけです。
なので、アテナは邪魔なんですねー。

アテナの案内でケイシーはフランクと会うことに。
フランクはトゥモローランドを追放された身ですが、行き方は知っているわけですよ。
行きたがらないフランクでしたが、ケイシーが特別な存在(世界を救える鍵)だと知り、協力することに。

さて、エッフェル塔にワープしてそこからエッフェル塔の隠しロケットで時空を超えてトゥモローランドに向かうフランク一行(しょうがないだろ?本当にこんな行き方なんだから。トンデモ発想万歳)

そこで荒廃したトゥモローランドにいるアテナを狙っていた黒幕ニックスはのこのこ来たフランクらをとらえます。

さて、ここで【未来を見通す機械】が出てきます。
この機械、世界の人々の意識を取り込んでおり、世界中の誰もが「この世は滅ぶ」と思っているため、それを具体化してるんですね。地球温暖化とか戦争とか。
なのでこの機械をぶっ壊して世界中のみんなが意識改革すりゃ世界は救われる!ついでにトゥモローランドの敵も倒してここをよりよい世界にして住んでしまおう!ってな感じ。

アテナの犠牲もありながら、敵を打倒したフランクたち。
ケイシーのような「希望に満ちた人々」を探し出し世界の運命を変えよう!

で、終わり。




なんなのーーーーーーーー薄っぺらい話だなぁおい!いまどき誰がこんなの推すんだ!?
アルマゲドンでもう満足だよ僕は!!!
ディズニーらしく「夢と希望」に満ちた映画だとは思っていましたが、ここまでキラキラしてましたか、、、。

もちろんいいところもありましたよ?ジョージ・クルーニーとか、、、。
あと、作中に「二匹の狼がいました。悪と絶望の狼、善と希望の狼です。どっちが息のこうでしょう?」
「餌を与えられた方の狼だ」という教訓があります。まぁ作品の根本を指しているだけの言葉ですが、冒頭でわかりやすいヒントをくれたのは親切でしたね。説明するとしたら「結局はどっちに餌を与えるか(希望か絶望かどちらに寄るか)で決まる」ってだけ。



しばらくこんなハッピーな映画はパスしたいです。

ではでは~