読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜息の沼

愚考

バケモノの子 ネタバレ

待ってましたよ細田さん。
ここ最近の金曜ロードショーもなぜかチェックしちゃう。やっぱり細田作品は見てて心が温まります。

さて、今回のテーマですが」「父と子」だとみてて感じました。まるで和製リアルスティールとでもいいましょうか?
時かけはまぁ置いといて、、、

サマーウォーズは家族、おおかみこどもの雨と雪は母と子、そして今作バケモノの子は父と子。
次はなんだろうね?兄弟かな、夫婦かな

さてさてネタバレしましょうか。


9さいで母を交通事故でなくした蓮くん、親父は離婚してどこかへ。
親戚に引き取られようとするも、全部投げ出して家出します。
そんなとき、街中でバケモノについて来いといわれます。

そのバケモノというのが熊徹です。ポスターにいる熊のような奴。
熊徹は弟子を探していて、たまたまいた蓮に声をかけたのです。

人間の世界とは別の世界にあるバケモノの世界。
そのとある町では宗師という市長のようなバケモノがいました。が、そろそろ神に転生するとのことで次の宗師を探していたのです。
そこで力の強い熊徹と猪王山が矢面に立ちます。
猪王山は人徳もありまじめで強い、町中の人間に慕われています。
逆に熊徹は弟子の一人もいない不真面目の独り身。

さて、熊徹を追いかけてバケモノの世界に迷い込んだ蓮、そこで襲われるも坊主の百秋坊に救われます。
熊徹とその連れ、多々良と出会い弟子地しての生活が始まります。
名前は名乗らないほど不信感をもつ蓮のことを、熊徹は九太と名付けます。なんたって9歳だからね。

街のバケモノたちには馬鹿にされ、猪王山の息子の次郎坊にもいじめられる始末、そこを同じく息子の一郎丸に助けられる始末、もうなにやってもダメ。

家事をなんとかおぼえ、肝心の稽古。
しかし熊徹も粗暴もので、ガーとかグワーで教えた気になる。もう伝わらないもので、蓮改め九太も諦めます。
そんなとき、街中で出会った(こいつは割と最初からいました)チコとお話し中に「真似をする」ということを思いつきます。
熊徹の素振りを真似し、どんどん武術の才能を開花させてく九太。町のバケモノたちにも認められていきます。

こうして17歳になった九太。いつも通りの熊徹との喧嘩で逃げます。
気づくとそこは元板人間界。そこで出会った女の子の楓に勉強を教えてもらうという人間界とバケモノ界を行き来する生活が始まるのです。

そんなある時、ふとしたことを理由に本当の親父と出会う九太。
このさきのことを考えていると熊徹に勉強のことを問いただされます。
九太はここでもにげだし、本当の親父の元へ。

しかし、ここでも親父の言うことにどこか納得できない九太はここからも逃げ出します。

楓に励ましてもらい、次郎丸に励ましてもらい、熊徹の元にかえります。

しかし熊徹と猪王山の宋師決定戦がいざ始まっても九太は現れません。負けそうになる熊徹、そこに声をかけたのは九太でした。
九太の応援で勝った熊徹。しかし一郎丸が暴走し熊徹は刺されてしまいます。

この一郎丸、実は人間でして。捨て子だったのを猪王山が育てていたのです。しかしいつまでもバケモノらしく成長しない一郎丸は九太に嫉妬、しかも親の猪王山に心酔していたのです。


人間というのは心に闇を抱えている、それが爆発したら大変。というのがバケモノ界の偉い人に伝わる話でして、九太も例外ではありませんでした。しかし九太には熊徹がいたので心の闇は爆発しなかったわけです。

さて、一命をとりとめた熊徹。仇をうちに九太はいきます。
まずは楓に預けるものがあったので人間界へ。しかしそこのは一郎丸が。

一郎丸の念動力になすすべない九太の元に一つの剣が降ってきます。それは、九太のために宗師の力をつかって付喪神に転生した熊徹でした。九太の心のなかに入り、一つになった九太と熊徹。その力で一郎丸を撃退します。

こうしていつも通りになった世界、九太は本当の親父の元で、心の中の熊徹に語り掛けながら。
一郎丸はバケモノ界で家族と共に、それぞれ生活に戻ります。


だいたいこんなんでした。
僕の端折り方が下手なのであれですが、マジで面白かったんです!
見ていても疑問点なんておこないすっきりした、それでいてちゃんと泣かせにくるこのお話。さすが細田監督やが、、、。


ぜひ見ていただきたい!
では~