読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜息の沼

愚考

マイ・インターン ネタバレ感想

皆大好きアン・ハサウェイロバート・デ・ニーロの新作。今回は「まるで【プラダを着た悪魔】の続編のようだ」といえる映画です。
もちろん続編なんかではなく、ただアン・ハサウェイが主演で、かつファッション関係ってだけです。

アン・ハサウェイのできる女感は本当に最高、いい女ですなー。かわいいし。
ロバート・デ・ニーロも、とても頼れるやさしい爺ちゃんを熱演。なんか意外な一面というか、「こんなデニーロもありだな」って感じ。

ファッション会社でのお話ですが、そんなのはあんま関係ないです。まぁプラダからの影響ってことで、、、。

さてさて、展開も意外とないのが今作。しかし、それでも見とれてしまうのはなぜだろう?
とても「いい話だなー」なんて感想で終わらせたくない映画です。サクセスストーリーでもなければめろドラマでもなく、、、「バランスの美しいヒューマンドラマ」とでもいいましょうか?
突出した見どころがあるわけではありませんが、なんだか心に残る映画でした。
まぁ僕が主観的に見てもどクズなので、いい人をみると心が張り裂けそうになるだけ、、、いえ、心が叫びたがるだけです。


さてさてネタバレです。






妻に先立たれ、やることのない70歳のデニーロもといベン。
そんなある日、スーパーで「高齢者インターンの募集」チラシを見かけます。

そして彼は面接を経て、ジュールスの会社にインターンとして入ります。
ジュールスはネットでのファッション通販で会社をおこし、毎日が多忙。もちろん高齢者インターンなんて忘れていました。

最初はベンのことを嫌がるも、彼の人間性を認め、ともに大切な友人となっていきます。

最初は仕事すらなかったベンも、ジュールスの運転から人生のアドバイス、ジュールスの夫娘と仲良くなるまでに。
しかしジュールスは責任感から仕事が追いつかなくなっていきます。そして嫌々ながらもCEOを探すことに。

ジュールスが母へ愚痴メールを誤送信したのを家まで消しにいったり、仕事場で出会ったマッサージ師のフィオナと恋に落ちたり、ジュールスの娘を夫マットの代わりに届けたり、、、ベンも楽しく働いていました。

しかしマットはジュールスが多忙で夫婦生活が成り立たず、浮気をしてしまいます。
そんなことを打ち明けるジュールスは、夫婦生活をやり直すためにCEOを雇うことを決意しました。


しかしベンは、「キミは素晴らしい人間だから、CEOに会社を渡してほしくない」と言います。
ジュールスの本当の気持ちを知ってた彼は助言をし、マットもまた改心してジュールスを支えることを決意しました。


終わり。



女若社長と高齢者インターンが親友になるまでのお話ってだけですが、まぁまぁいいんじゃないでしょーか。
たまにはこんな映画もいいですね!いやむしろヒューマンドラマのが個人的には見てる、、、、方だと、、、、おもう、、、、よ?


男同士で見に行く映画ではないわな!!!女の子同士ならしらんけど。。。


まぁ期待して観てください。
では~