読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜息の沼

愚考

メイズランナー2・ダイバージェントNEO・ギャラクシー街道 ネタバレ

今回は一気に3本です。まぁまぁ見なくていい映画がそろってしまったのでどうぞ気にせず読んでね。

シリーズ映画が2本あります。
メイズランナーもダイバージェントも、前作ネタバレありますのでどうぞ先に読んでみてください。


さてさて^^^^





・メイズランナー2
ぶっちゃけこれはメイズランナーではなく、スコッチトライアルズなんですが、、、まぁわかりやすくメイズランナー2にしたんでしょうね。
1は「迷路を攻略する」という斬新さがゲーム感覚ぽくてウケたのだと思っています。しかし、今作は目新しさもなく、、、どちらかというとゾンビ映画でしたとさ。
結局は死にたくない若者のわがまま。よく言えば「若者目線」ではある。

ネタバレ
メイズから脱出した後、そくざに連行されるトーマス達。
そこはスコッチと呼ばれる危険な砂漠でした。
「助けてあげよう」とおっさんに施設で言われますが、施設はWCKDの人体実験施設、この施設の先輩エリスに教えてもらいます。
若者をかくまっているというWCKDの敵、RAのもとに向かうため仲間たちとスコッチへ。
過酷な環境、かつクランク(感染したゾンビ的な)が襲い掛かってきます。新キャラ・ウィンストンがさっさと死にましたが、なんとか砂漠越えします。
そこでホルヘという人物と出会います。彼はRAに会いたい人間なので、トーマスらと共にRAがいるという山を目指します。
度重なるWCKDの追っ手から逃げ、RAと出会うことに。
そこには「トーマスがRAに若者の情報を流して、助けていた」と知る元WCKDの姿も。
しかしここでテレサがWCKDを手引き。なにか考えがあっての裏切り。

またしても捕まりそうになりますが、反撃します。
しかし、ミンホが捕まってしまった、、、助けなきゃ!      で、終わり。

次はコクーンでしたっけ?
1が面白かったので2は正直微妙、、、だから3も期待しない。


・ダイバージェントNEO

NEOとかダサすぎるわ、普通にインサージェントのままにしときや、、、。

さて、「1がクソだったけど、シリーズならしょうがねーや見てやるよ!」な今作。
案の定ぼくはポカーン状態、、、設定か?設定が新しいのか?!よくありそうだぞ?!

最後まで主人公が特別な感じなのでもともと嫌いなんですが、いいや別に。
本作の魅力はなんなのでしょう?映像美とも最新VFXともとれない。これ、続きやるなかな?


街から逃げおおせたトリスたち。
平和たちのとこに身を隠します。
ピーターの裏切りを経て、逃亡。
フォーの母親がリーダーを務める無派閥の元へ。
しかし異端者を許さないジェニーンは、祖先からのメッセージボックスを開けるために異端者を狙います。
トリスたちは無派閥とうまくいかなかったので、別の仲間を増やすため高潔へ。
なんとかリーダーと話があうも、ジェニーンの部下の襲撃にあいます。

潜んでいた勇敢の元仲間に助けられ、解放。改めて無派閥と手を組みます。

しかし、襲撃時に「撃たれると意識が乗っ取られる装置」を打ち込まれていた仲間たち。
トリスが出頭するまでランダムに自殺をさせようと脅してきました。
なのでトリスは単身、ジェニーンのいる博識へ。

そこで5つの実験を終えれば装置は開くとのこと。これがジェニーンの目的なんですねー。しかし実験は異端者のみが行えるのでトリスが必要だったんだとさ。

4つの実験に成功するも、5つ目の実験で失敗。トリス死亡判定。
まぁピーターが仕組んだことなので、最初からこのつもりだったらしい。

逃げる前にどうしても箱を開けたいトリスは実験に成功。。

しかしメッセージとは「外の世界は危ないとか言ったけど多分平気!あ、性格診断で色々分けてたのは人間性を育んでほしかったからやで。あと異端者は絶望じゃなくて希望なんでよろしこ」というもの。

ジェニーンはこれはあかん思いまして、トリス殺しちゃえーと。
そこに勇敢と無派閥が助けに、
ジェニーンも捕まり、世界は解放されたのでした。


結局なにがしたかったんだ君らは。真実なんて知ったところでがっかりだとなぜ分からないジェニーン。そして外が幸せだと本当に思っているのかトリス。
なにが正義ですか?


・ギャラクシー街道

三谷幸喜が好きな僕でも、これはないなと思いました。
話の作り方がうまいとかそんなんじゃなく、単純に面白いのが強みでしょうに!!今回、めっちゃつまらんかったで!!


惑星感の道路、ルート246666にあるハンバーガー店、そこに来た人たちのお話し。
それだけ。
ストーリーとか別段ないので自分で見てください。
豪華キャストが全力で変なことするだけです。二度とこんなものをつくるんじゃねぇ!!!!




急ぎ足でまとめましたが、どうでしょうか?僕がこの3本にどれだけ憤慨したことか、伝わればと思います。10月は映画いっぱいだなぁと思ったのに!いや、いっぱいだったけども、、、

上を読んでくれた方も、そうでない方も、これだけは言って起きます。

「こんな映画より見るべきものはいくらでもあるから、そっちをみとけ!!!」


では~