溜息の沼

愚考

何者  考察

一足遅れて映画「何者」を見てきました。
なんというか、「ヤスタカを見てきた」ぐらいのことしか思いつかないと思っていたのですが、思いの外よかったのでこうしてキーボードを叩いている感じです。
こうして考えると、最近は邦画がなかなかよいと感じます。まぁ本来「邦画(洋画)だから」なんてのはいけないんですが、好みの偏りなので許して下さい。
最近はゴジラバクマンと決定打が続き、僕の中の邦画イメージもよかった。今回の何者も素晴らしかったです。
もちろん真田十勇士とかも見てますが、まぁ書くほどのことないので割愛。ただ「邦画もいいねー」ってのをいいたかっただけ。

さて、この何者ですが、就活を通した大学生の話。
最初は「就活なんて狂っている」っつー社会風刺映画かと思いきや、そんなことはなかった。もちろんその色も濃く描写されているんですが、そこが本質ではなかったと思います。
飽くまで就活は主人公の内面を最終的に出していくためのファクターであって、いってみれば代えのきくものなんですねー。
じゃあなんで就活がテーマに盛り込まれたのか?
僕は「歪んだものに歪められた人間」をみました。
僕も就活してたのでなんとなくこのおかしな現象に何度も疑問を持ちました。もちろんなんとかなりましたが、、、。
この作品の主人公はそんな歪んだものに歪められた、誰しもにも起こりうる問題だと感じます。
就活が上手くいかず、イライラして周囲に当たったり、、、そんな皆の「あるある」を拡大したのがコレなんじゃないかなーと。

じゃあさらっと内容を。
主人公は就活生。ふとしたことで同級生やその友達と就活を一緒に頑張ることに。
しかし主人公は上手くいかず、親友や想い人が内定を決めていきます。
それもそのはず。主人公は就活2年目なんです。親友はダブって5年生だし、想い人も留学していて5年生だったんです。
そんな主人公は諭されながら、自分の小ささと向き合いながら、今日も就活に赴く。


短いですか?でも全編の内容がこれで事足りるぜ!!
ここからは軽く補足。
主人公は周りのことを小馬鹿にしていて、でもそんな周りのことが気になりまくる人間なんです。
他人のことなんかホットケーキ〜とか思いますが、まぁそんな人間もいますわな。
で、そんな周りを見下す性根は隠すんです。ツイッターの裏垢で周りを馬鹿にし続けるわけですわ。
これがバレて、それがきっかけで彼は少し変わります。もちろんそんな簡単に人間は変わらないし、もしかしたら彼は何も変わってないかもしれない。ただ省みてはいるはず。ザ・セカイ系って感じ。

実はこの作品、人によってはかなり心に刺さる作品かもしれません。
ネットの情報だけで世の中知った気になってる方、自分だけは周りの凡愚とは違うと思ってる方。あなたはどうですか?あなたの周りは?

僕はそんな人間でした。もしかしたらまだそんな人間かもしれません。
だからこそこの映画は刺さりました。心のうちにモヤモヤしたものを打ち込まれました。
自分の事を「大きな世間のうちの矮小なもの」と感じず、ぜひ見てみてください。
そして何度も見て「人としてより良くあろう」と考えてみると、この映画のよさに気づくかもしれません。
見るたびに、キャラの視点を変えて見てみるのもいいかもしれませんね、この作品には少数のキャラながら、いろんな個性と感情が渦巻いてます。そんなところもいいところです。

では次回の更新までサヨウナラ。


僕は何者なんでしょう?w

広告を非表示にする