読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溜息の沼

愚考

キングコング〜髑髏島の巨神〜 考察

ただひたすらに素晴らしい傑作。もう今年はこれだろ!って言いたい。
怪獣映画の素晴らしさを詰め込んだ「作り手の愛」が見て取れる作品でした。
ネタバレなので後述しますが、ED後のパートがとても良い。先人へのリスペクトと挑戦状みたいで、僕はかなり好きです。

ただしサミュエル、あなたが出ると僕は何故か笑ってしまう。



ネタバレ




冷戦時代、人工衛星が打ち上げられはじめ、宇宙からの撮影が可能に。
そこで未確認巨大生物研究機関モナークが政府にかけあい傭兵と兵士を雇って常に嵐に覆われた髑髏島へ調査に行きます。

そこで出会ったのは島を守るキングコング
案の定部隊は壊滅。

島を脱出するために生き残る兵士達。
コングを倒すことだけを考える無茶を犯すサミュエル。
30年前にこの島へ墜落し、島民と生き延びた元空軍。
過去に巨大生物に襲われ、巨大生物の存在を公表したい学者。
地球の地下には空洞があり、そこに本当の地球の支配者がいると思ってるメガネ。

まぁこんな奴らの事なんてどうでもいいです。
ただひたすらにデカい生物達の戦いと存在を見てほしい。言葉など不要ッッッ!!


さて、ED後のパートでは、「他にも巨大生物がいる…」と明かされます。そこにはゴジラキングギドラのすがたが……



はやくも続編に期待ですね。
デカい、強い、かっこいい。これらが好きならはやく観てほしいです。


怪獣映画が好きならぜひとも。

では〜